専業主婦 借入

MENU

配偶者に借入があった場合は?

夫婦でお金を借りる時は総量規制は全て合算で考えられる

配偶者が借り入れを行ってそれが全額返済できていない場合はもう一人の配偶者の借り入れに大きな影響を及ぼします。お金を金融機関から借りる場合は総量規制という決まりによって

 

 

最高借り入れ額が夫婦の年収の合計3分の1以下まで


という制限が課せられています。つまり例えで示すと夫と妻の合計年収が1,500万円である場合、総量規制を考えると夫婦で借りることのできるお金の額は500万円までです。

 

こういった収入と借入を夫婦で合算して計算する法律が、総量規制の中の条項である配偶者貸付というものになります。

 

しかし夫がすでにある金融機関から450万円のお金を借りており、尚且つまだ全額返済できていない場合は妻は50万円までしか金融機関からお金を借りることはできません。

 

また総量規制は銀行やゆうちょ銀行では適用されませんので、配偶者が大金を金融機関から借りており、全額返済できていないもののさらに自分も大金を借りたいという場合は銀行のカードローンを試してみることもできます。

専業主婦専用枠を設けている金融機関もある

また専業主婦専用枠を設けている金融機関があります。この枠は主婦のために設けられたものであり最高借り入れ額は10〜50万円です。この専業主婦専用枠のメリットは

 

 

夫の収入証明がなくても身分証明書さえあれば銀行カードローンに申込む子事ができる


ことです。それで主婦の立場であり、尚且つ50万円以下のお金が必要だという人はこの専業主婦専用枠を利用することができます。

 

また配偶者がブラックリストにのっていたり遅延や延滞などの経験がある場合は借り入れは厳しいものになります。そのような個人データは保管されており、検索閲覧できるためにごまかしは一切通用しません。

 

そういった状況ではない専業主婦であれば、配偶者の与信により旦那さんにバレることなく申し込みが出来るという最高のメリットがあります。