専業主婦 借入

MENU

専業主婦でも医療事務の資格を取る

子育てがひと段落して、さあ働き出そうと思っても時間の都合がつきやすいフルタイムの仕事はなかなか見つからないものです。パートでしたらシフトで入ることが多いと思うので、多少働きやすいかもしれません。ですが、フルタイムの仕事に比べればお給料は安いので、やっぱり割がいいとは言えません。

 

 

職探しを通じて、医療事務なら仕事の間口も広いし、働きやすいんじゃないかと感じました。


たとえ引っ越したとしても、病院だったらどの町にもありますし、時間の自由もききやすいのでフルタイムではなくパートで働くことだってできます。何より資格を生かして働くことができるというのは、社会に貢献できているという実感が湧きやすいと思います。

 

何より、一度働いたことがあれば、経験者として優遇されることが多いのです。その資格だって、最近では通信講座などもたくさんありますし取りやすい部類なのではないかと思います。

 

また、誰しも一度は病院にかかったことがあると思いますが、その料金の内訳を知ることができるのでとても興味深く勉強できると思いました。また、学んでいるうちに医療用語なども覚えることになるので、生活に役立つ知識が増えること間違いなしです。

 

もしもっと違う方向性で学びたいと思ったときは、調剤薬局事務やクラークなどとして働くことも視野にいれられます。大きな病院だと、同じ業務をしている仲間もたくさんいるので、心強いですし結束力もあるので働きやすいと思います。

 

ただ医療事務の資格の勉強する為に、通信講座を申込んでやっていたのですが、子供の事情で急遽通信講座代の引落残高が足らなくなってしまったのですがどうすればいいでしょうか?

専業主婦の方がカードローンの返済に困った時はどうする?

 

専業主婦の方がカードローンからお金を借りた後に返済に困ったら、ここは早めに旦那さんに相談したほうが良いです。


それは専業主婦の方ご自身には収入が無く、返済は旦那さんの収入に頼っている状態だからです。相談せずに一人で悩み続けていても返済に遅れるだけでなく、何か返済するためにアクションを起こすことによって余計泥沼にはまっていく事がほとんどだからです。

 

内緒にしたまま返済を滞納すると電話がかかってきますので、その電話に旦那さんが出てしまうとバレてしまう可能性があります。事前に相談したほうが後で大きな問題に発展しないで済む事は多いのです。

 

遅延損害金の支払いが発生(高いところでは金利20%にもなります)しないうちに、カードローンの契約が解除され一括返済を要求されないうちに早めに旦那さんに相談してみて下さい。

 

 

複数社からお金を借りている場合は金利の低いカードローンにおまとめすると言う方法もあります。


大手貸金業者のカードローンでは専業主婦の方はご利用が難しい(基本配偶者貸付をしているところは極めて少ないので不可能)ですし、金利も高いのでおまとめ先には銀行のカードローンを選びます。

 

専業主婦の方でも銀行のカードローンなら最大30万円から50万円までのご利用限度額が設定されますのでおまとめしやすいです。事業性資金を除けば使い道自由と言う銀行のカードローンが多いのでおまとめ目的でも利用可能です。

 

おまとめ作業は銀行のカードローンからお金を借りてそのお金で他社借入を一括返済すると言う流れとなります。おまとめ作業後は金利が低くなった分だけ毎月の返済額を減らす事が可能です。

 

 

ただし利息は減りますが、毎月の最低返済額は上がる事がありますので、毎月の最低返済額をしっかりチェックしておく必要があります。


カードローン1社になった事で毎月の返済作業も1つになり楽になります。カードローンでは残高スライドリボルビング返済方式で毎月最少の返済額となるものが多いです。

 

この返済方式だと毎月の返済が楽と言うメリットがありますが最少のままだと返済期間が長くなり利息分のお支払が増えるデメリットがあります。早く完済したほうがお得なのでなるべく追加返済したほうが良いです。

 

 

もしおまとめしても毎月の返済がきついと言う場合は外で働いても良いか旦那さんに相談してみて下さい。


正直に何でもお話しすれば旦那さんも協力してくれる事は結構多いものです。