専業主婦 借入

カードローンの契約後に専業主婦になった場合

 

主婦という立場であっても安定した収入があれば消費者金融などでカードローンを利用することは可能です。しかし、もしもカードローンの契約をした後で何らかの理由で専業主婦になってしまったらどうなるのでしょうか。

消費者金融を専業主婦が利用しているケースとは?

例えば、出産や引越などを理由に現在勤めている仕事をやめざるをえなくなってしまうといったケースは、主婦の場合はよくあるパターンといえます。安定した収入があるということで、カードローンを利用して融資を受けたものの、その後様々な事情で、

 

 

OL時代に利用していた消費者金融のカードなら専業主婦になった今でも利用できるのかなぁ・・・


仕事がなくなってしまい結果的に収入もなく専業主婦という立場になった場合、気になるのはカードローンの利用です。

 

 

解約をしていないカードであれば利用可能です。


消費者金融の場合、カードローンを利用するためには安定した収入が必要であり、それがない人は利用することができませんが、安定した収入の有無については契約時の審査段階で判断されるものとなっています。

返済義務のある融資は無収入であっても契約は継続される

 

では契約時には安定した収入があったとしても、その後収入がなくなってしまった場合は、契約が取り消されるのかといえばそのようなことはありません。主婦の場合、もしも収入がなくなって専業主婦になってしまったとしても、

 

 

カードローンの契約をしている以上はその分に対しての返済義務が発生します。


ここでは、カードローンの契約によって異なりますが、その後の利用に際してはおまとめローンのような返済専用のローン商品に移管されるか、あるいは通常どおり借入残高の範囲で繰り返し利用ができるか、その後の利用状況は異なってきます。

 

 

収入のない専業主婦の状況とOL時代の状況とは違うからどうしようかなぁ・・・


いずれにしても、カードローンの契約後に専業主婦になったからといって、その後の返済はしなくても良いということにはならないことは理解しておきましょう。また、仕事がなくなってしまうということは収入もなくなってしまうということなので、

 

 

返済がかなり難しくなることは言うまでもありません。


主婦の人がカードローンを利用する場合には、こうした不測の事態が起こりうることも十分考慮した利用を考えましょう。

page top