専業主婦 借入

MENU

専業主婦が家族に知られずにお金を借りる方法

家族に内緒でお金を借りられるか

カードローンを利用してお金を借りる場合、できれば家族や知人に知られずに借入を受けたいものです。特に、個人的に収入を得ていない専業主婦にとってはこの点はさらに切実な問題といえるのではないでしょうか。

 

 

旦那にバレるとまずいのよねぇ・・・


専業主婦への融資を行っている、いないにかかわらずカードローン業者というところは個人情報を取り扱う関係からその情報のやりとりについてはかなり厳格なルールが定められています。

 

適切な理由もなしにお金を借りているという情報を第三者に提示するということはありませんし、たとえ家族であっても借入状況の有無について開示するといったことはありません。

 

そのため、借入を受けた後でその事実が開示されることはありませんが、家族の場合は借入をした本人に対しての案内などからバレてしまうというリスクもあります。

借入の申込時に知られる可能性

借入開始後には家族や知人にお金を借りている事実が、開示される可能性はほとんどありません。しかし、借入明細などが送られてきた場合は、他の家族がその明細を見る可能性は否定できません。

 

 

しかしこれは、カードローンのWEB明細のサービスにすることによって回避する事は可能です。


次に借入を受ける場合ですが、専業主婦がお金を借りる場合というのは、基本的には配偶者に安定した収入があることが条件となりますので、配偶者の収入に対して審査が行われるということになります。そのため、

 

 

カードローンを申し込む先によっては在籍確認などで配偶者の情報を確認される可能性はゼロではありません。


カードローン業者からすれば、融資を行うのは専業主婦だとしても、その返済は配偶者の収入に依存することになりますので、確認を行うことはむしろ当然の流れです。もしも配偶者を含めて家族に知られずにお金を借りたいということであれば、電話連絡や郵送物がない業者を探して相談するといった方法になります。編集部調査で電話連絡なしの銀行カードローンに申込めば早いですよ。

 

>>専業主婦が借入する際に電話連絡のない銀行カードローン

 

もちろん電話連絡がない銀行カードローンを探す上でのポイントというものもあります。それは、

 

 

専業主婦の申し込みには専用の小額の借入枠を設けている。


ということです。これにより銀行側の貸し倒れリスクを軽減して、審査を簡易にすることが可能です。この点についてはお金を借りるうえで何を優先するのか、によって考えても良いかもしれません。

お金を借りた後に家族に知られる可能性

もともと専業主婦の場合は個人的な収入を得ていない関係からそれほど高額の融資を受けることができなくなっています。それでも毎月の返済については滞納することがないように十分注意したいところです。前述で借入明細などは対処できることは伝えましたが、

 

 

もしも返済が遅れればそのことについて連絡が入りますし、カードローン業者としても滞納が続くと家族にも連絡をする必要が出てくるためです。


それほど高額の借入を受けることができないとはいえ、返済については毎月遅れないように注意し、できるだけ早めに返済を完了するということも家族に知られる可能性を低くするうえで重要なポイントといえるかもしれません。