専業主婦 借入

MENU

専業主婦が消費者金融で借入できない理由

借入する為には返済の源になる収入が本人になければ貸金業者も無担保でお金を貸すことは出来ません。しかし、配偶者に収入があった場合には小額借入枠のある銀行カードローンなら専業主婦でも借入できることはお伝えしました。

 

>>専業主婦でも申込・借入できる優良カードローン

 

ではなぜ消費者金融では専業主婦は借入できないのでしょうか?

まず前提に総量規制がある

消費者金融は貸金業者ですから貸金業法で営業を規制されています。その貸金業法の中の総量規制により、

 

 

申込者に対して申込者の年収の三分の一以上貸し付けてはならないという規制になっています。


ですのでこの時点で専業主婦には収入がない訳ですから消費者金融には申込めないということになります。

専業主婦への救済措置?総量規制の配偶者貸付

しかし総量規制にも例外や対象外があります。その総量規制の例外の中に、専業主婦への救済措置と思われる配偶者貸付というものがあります。これは、

 

 

収入のある配偶者と合算して総量規制の範囲に収まれば専業主婦にも貸してもいい


という条項になっています。

 

 

じゃ専業主婦でも消費者金融で借りれるんじゃないの?


と思われるかもしれませんが、実はこの配偶貸付には配偶者との合算以外にも条件があるのです。それは、

 

 

  • 収入のある配偶者の同意書
  • 収入のある配偶者との婚姻関係を示す書類
  • 一定額以上の貸付には収入のある配偶者の収入証明書

以上の書類を申込んできた専業主婦から回収しなければなりません。そうなると借入したい専業主婦の大半は、

 

 

旦那にバレたら絶対ダメ!!


という希望を持っていますから、消費者金融側からするといざ申込を受け付けて書類の提出の段階でキャンセルが相次ぎ、手間だけが掛かって申込が取れないという状態になってしまいますのでこの配偶者貸付を適用していないところがほとんどです。

配偶者貸付適用状況
消費者金融業者 配偶者貸付適用状況
SMBCコンシューマーファイナンス【プロミス】 適用せず
アコム 適用せず
モビット 適用せず
アイフル 適用せず

大手消費者金融は軒並み適用していません。中小消費者金融でもほぼ適用していない状況ですので専業主婦は消費者金融で借りれないのです。