専業主婦 借入

MENU

離婚後の専業主婦も働けます

離婚したいけど自分自身の経済力のなさに我慢している専業主婦も多いのではないでしょうか?就業先は見つかるのか?結論から言えば見つかります。手に職がなくてもです。ただし、

 

 

職種にこだわらなければという条件付きにはなります。


やはり企業として求めているのは新卒や新卒同様の若い人でなく、ある程度の年齢の人には即戦力を求めます。ですから長い期間専業主婦として家庭を支えてきた女性は当然戦力外となり、正社員での事務職などの就業は難しくなります。

ではどういった職種なら採用されるのでしょうか?

それはやはり土日出勤を含むようなサービス業や工場でのライン作業や軽作業などです。

 

具体的に言えば、スーパーでのレジや飲食店での裏方、ホールスタッフ、工場でのピッキング作業や簡単な組立作業であれば需要があります。

でもこういった職種を希望している女性は少ないですよね?だから需要があるんです。このような職種では長く働けないからもっと違う職種が良いという場合は、いつ離婚しても良いように手に職をつけるべきでしょう。

 

おすすめは介護職です。

 

 

これから需要はどんどん増えるでしょうし、未経験でも資格がなくても採用してもらえる企業があるからです。


実際働きながら資格をとるというのも一つの手段ですね。資格を取得すれば未経験よりも時給がアップしますし、これから自身の両親の介護にもとても役に立ちます。

 

社会から離れているブランクが長ければ長いほど就業は難しくなりますので日頃から『食べていける資格』なんかに注目しておくと良いでしょう。

定職に就いておけばパートでも無担保融資のカードローンで借入する事が可能

以上のような事情でも、定期的にパートに入る等の定職に就いておけば旦那さんの与信に頼ることなく借入する事ができます。もちろん専業主婦で収入がなくても、専業主婦申込可能な銀行カードローンであれば旦那さんの与信で申込めるのですが、

 

 

こういった事情であればそれも嫌でしょう。


パートで安定収入があれば、大抵のカードローンには申込めます。審査に通るかどうかは別問題ですが、門前払いされることはありません。

 

上記のように離婚ということになったとしても、パートをしていればいざという時の借入が可能になるので、安定収入を持っているということは主婦にとって自分を守るという事にも繋がって来ます。

 

パートの場合は、がんばってもそれ程借りることはできませんので、銀行の低金利カードローンでも金利はそれ程低くありません。逆に審査は厳しいので、パート主婦の場合は審査能力の高い大手消費者金融に申込む方がいいでしょう。

 

>>パート主婦が申込むなら審査能力の高い大手消費者金融