専業主婦 借入

MENU

専業主婦が旦那さんにばれずに(旦那さんに迷惑かけずに)借入する方法

専業主婦が借入をするにはカードローンのようなフリーローンが一番早いでしょう。しかしフリーローンは収入という信頼を基にしてお金を貸すわけですから基本、収入がない専業主婦は申込できないのです。

 

ですので収入のない専業主婦が借入するには旦那さんの収入で審査してもらう方法しかありません。この場合旦那さんが審査されるわけですから

  • 旦那さんの本人確認
  • 旦那さんの収入証明
  • 旦那さんの会社に在籍確認の電話

こういった手順を踏むことになり旦那さんにはバレバレの借入になってしまうわけです。しかも消費者金融では、専業主婦の申込自体を断っています

 

 

では専業主婦の借入はどこに申込めばいいの?


 

ごめんなさい。以前ならいくつかの銀行カードローンに申込めたのですが、現在では申込めるカードローンはありません


ただしあなたにパートで安定収入があるのならまだ借入への道は残されています。

パートで安定収入があるのなら断然無利息サービス有・即日融資可能な消費者金融

収入のない専業主婦なら専業主婦カードローンに申込まなければならないのですが、安定収入があるのであれば断然大手消費者金融を選ぶ方がお得です。なぜなら

  • 即日融資の際の振込口座を選ばないし自動契約機もあるので即日融資を受けられる可能性が高い
  • 無利息サービスがあり早期返済で銀行カードローンよりも利息が少なくなります

パートで安定収入があるのなら無利息サービスのある大手消費者金融

アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

専業主婦でも借入したい!

この頃、すごく思うのが専業主婦の辛さです。専業主婦はどんなに頑張っても何もごほうびもなくお給料があるわけでもありません。だから、旦那みたいに働いてお金がもらえるようなものがすごくいいなと感じるようになっています。専業主婦で、毎日頑張って何も評価をしてもらいのって辛いなと思いました。

 

たまに、暇でいいわねなんていう事も言われる事があります。でも、専業主婦でも子供がいたりするとそう暇は時間なんてなく、時間が欲しいななんて思う事もたびたびあるのです。だから、専業主婦もいい事ばかりではないのです!

 

 

外で仕事をするというのは本当に大変な事ではあります。でも、ちょっと最近では外で仕事をしてみたいなと考えるような事も出てきました。しかし、育児と家事でかなり手いっぱいの私が仕事なんてできるものなのでしょうか?

 

ちょっと、最近ではお金だって欲しいと思うようになっています。お金を借りるなんて事もなかなかできないですし、専業主婦は消費者金融では借りれないのでパートをはじめるのがいいのかなと思ったりもします。

 

専業主婦の借入の救済措置である総量規制の配偶者貸付とは?

総量規制とは改正貸金業法が施行された際に登場した新たな法律で、貸金業を営む貸金業者の貸し付けを抑制するとともに、お金を借りる利用者も返済が困難になるような借り入れが出来ないように借りることが出来る金額の総量を決め、それを規制するためも法律となります。

 

 

総量規制では年収によって借りる上限を決めることになり、年収の三分の一までが限度額となります。


正確にはこの法律は貸金業者を規制する為のものですので、貸金業者が個人に貸す場合には貸金業者からの借入総額が、個人の年収の三分の一を超えて貸してはならないという法律になります。

 

この年収というのは企業に雇用されて支給されている収入が対象となるため、年金などの収入に関しては年収としてカウントされることがありません。その為結婚して専業主婦になった場合には、

 

 

配偶者の収入があったとしてもそれは専業主婦の収入とは見なされないため、総量規制の規制対象となり借入が出来ないことになります。


専業主婦というのはパートなどで働いている主婦とは異なり、仕事に出ずに主婦業に専念しているので、配偶者から毎月お小遣いを貰っていた場合でもそれは収入にはなりません。お小遣いの額が10万円でも100万円でもそれは変わりませんので、総量規制がある状態では専業主婦は借り入れが出来ない状態から解放されることは無いわけです。

 

専業主婦が唯一貸金業者から借りれる方法が配偶者貸付

ただし専業主婦が唯一借り入れを出来る方法があり、それが総量規制における配偶者貸付という方法になります。配偶者貸付という方法は、

 

 

生活を共にしている配偶者の収入を専業主婦の収入として審査する方法で、結婚しており配偶者がいる場合であれば基本的には利用可能となる方法となります。


この場合専業主婦に収入が無くても配偶者の収入があれば審査出来るため、通常では無理な専業主婦のカードローン利用が出来る便利な方法となります。ただし、

 

 

この配偶者貸付も、もちろん貸金業者への法律ですので消費者が利用を選択することはできないのです。


配偶者貸付は貸金業者への法律で貸金業者が適用するには条件がある

貸金業者が配偶者貸付を利用して、収入のない専業主婦に貸付を行うには条件があります。

 

 

  • 配偶者の借入の同意書の回収が必要
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票など)の回収が必要
  • 希望借入額によっては収入証明書(もちろん収入のある配偶者のもの)の回収が必要

と、回収される専業主婦にとっては障害となる条件となっています。さらに配偶者の収入を元にして審査するわけなので在籍確認などは配偶者の働いている会社に電話が掛かってくることにもなります。

 

専業主婦はこれらの書類を用意する過程で、こっそりと配偶者貸付を申し込みことは出来ませんし、もし黙って利用した場合でも在籍確認などで必ず配偶者に分かる仕組みとなっています。

 

 

この配偶者貸付は消費者金融などの貸金業者が専業主婦に貸すためには有効な手段ですが、

 

 

これらの専業主婦の望まない状況になってしまう事から実際に配偶者貸付を行っている貸金業者はほとんどありません。


何故なら配偶者貸付を行うことは貸金業者にとってはリスクが高く、無理に専業主婦の顧客を増やす意味もないためだと言えます。それに配偶者貸付を利用した場合には、もし配偶者が自分名義でカードローンを利用していればそれも総量規制の対象となるため、限度額まで借りていれば配偶者貸付の審査が通過しませんし、他のカードローンを新たに契約しようとした場合に配偶者貸付の利用が障害となる場合もあります。

 

 

何より配偶者貸付を利用できる業者がほとんどいない状態なので、実際にこの総量規制の配偶者貸付制度を利用するのは非常に困難であり業者を探すのも手間がかかりますし、無理に配偶者貸付を利用するメリットも見いだせないと考えたほうが良いでしょう。

専業主婦は子供が4歳になった時に保育園に預けるのか考える

子供が4歳になった時に保育園に預けるのか幼稚園に預けるのはすごく迷いました。周りからは、保育園に預ける方が楽だと言われていたのですが、子供を長時間預けるのは可愛そうなのかなと思いました。

 

ずっと家にいた分、心配な部分があったのです。でも、実際に幼稚園がはじまると大変な所がたくさんありました。

 

 

お弁当を作らなくてはいけないし、朝の用意もありますし、お迎えもしなくてはいけないのです。それを考えるとすごく大変なものだなと感じるようになりました。

 

もしかしたら、保育園に預けて仕事でもちょっと行く方が楽になっていたのかもしれません。そんな事をつい考えてしまう所があったりするのです。

 

保育園に預けるような事はなかなか自分はできないなと思っていたのですが、やはり気持ちが楽になり、専業主婦 キャッシングに頼らなくていい事を考えるといいのかなと感じたりする部分があるのです。

 

保育園に預けているようなお母さんはたくさんいます。だから、これもやはり母親の考え方だったりするのかなと思います。

 

介護に掛かるお金を専業主婦で借りれるのか?

最近になって親がかなりの高齢になった事もあってついに介護が必要な状態になりました。ですが、最初はなんとか親の年金だけでやっていける程度の費用で入れる施設を見つけたので安心していたのですが、

 

 

しばらくしてその施設はただの老人が住居としての機能しかないから安い費用で利用できる


という事もあって本当に自分一人で生活ができないくらい介護が必要な状態になってしまい、もっと介護のサービスが充実した施設に入れるしかなくなりました。

 

それで結局親の年金だけではその施設に入るのは不可能なのでローンを利用して費用を賄う事にしました。ただ、最初はそれでも少しローンを利用してまで介護施設に入れるのはどうかと少し迷いました。ですが、このまま放置もできないと思って仕方なしにローンを利用してお金を借りました。

 

 

ですが、実際にローンを利用してお金を借りてみると私が思っていた以上にローンを利用して良かったと思いました。


それはどうしてかというと、実際にローンを利用してみると思ったよりは金利も低くずっと利用しやすいと思いました。ですから、私は介護に掛かる費用をローンを利用して本当に良かったと思いました。

 

それぐらい、今の時代はローンを利用してお金を借りて良かったと思っています。ですから、みなさんも介護費用が急に必要になった時はぜひローンを利用してお金を借りると良いと思います。それぐらい、私はローンを利用してかなり助かったのでおすすめです。

専業主婦が借入申込をした体験談

専業主婦の年金制度と老後の収入でやっていけるのか?

 

第3号被保険者と言う言葉は、よく聞かれると思います。この第3号被保険者というのは、厚生年金や共済年金に加入している被保険者に扶養されている20歳以上から60歳未満の配偶者の事を指します。

 

扶養されていると言うのは年収が130万円未満の人で多くはサラリーマンの妻である専業主婦と呼ばれる人達です。この3号被保険者は保険料を支払わなくても配偶者が加入している厚生年金や共済組合が一括して保険料を支払っているので国民年金を受け取れるのです。

 

受取れる制度になった背景にはこの制度は、もともと専業主婦には年金加入の義務がありませんでしたが、離婚などで無年金になるケースが増え、1986年にこの第3号被保険者が創設されました。

 

厚生年金と共済年金だけに、この制度が導入されたのは、国民年金に比べて原資の潤沢な企業や官庁に専業主婦の年金を負担させる狙いがあったようです。企業や官庁で働く夫をバックアップする妻の基礎年金を企業や官庁が支払う事は当然だと言う考え方もありました。

 

しかし、近年は女性の社会進出は当然の事となり、夫婦とも厚生年金の保険料を支払う共働き世帯や夫婦とも国民年金の保険料を支払う自営業世帯との間に不公平感があり、何度もこの制度の見直し議論がされている状態です。

 

考えなければならない専業主婦の老後の生活問題はあるものの、あなたが第3号被保険者なら65歳から国民年金がその加入年数に応じてもらえる事になります。

 

国民年金だけでは生活は困難ですが、第3号被保険者であると言う事は、扶養している人が65歳から厚生年金や共済年金を受け取れ、あなたの国民年金と合わせて老後の世帯年収を計算し、不足分を別途手当てする方法を講じて置く必要があるでしょう。

 

万が一、扶養者がなくなれば、その後は遺族年金とあなたの国民年金が支給される事になり、この点も老後の生活設計に織り込んで置く事も必要です。